MANABINK

(12)外国人労働者に欠けている精神:「成功と失敗は、日常生活の中で一見些細なことが積み重ねの結果である」

外国人労働者に欠けている精神:「成功と失敗は、日常生活の中で一見些細なことが積み重ねの結果である」

一度きりのことなら、約束に遅れるのはささいなことかもしれません。誰かに挨拶したり、話を聞いたりしなくても、一度だけなら大した問題ではないかもしれません。しかしそれが積み重なるとどうでしょうか?遅刻ばかりして挨拶もせず、人に失礼な態度を取り続けるとどうなると思いますか?一回一回の行動は取るに足らないように見えるかもしれませんが、その積み重ねが結果に大きな違いをもたらします。

成功であろうと失敗であろうと、私たちの日々の行いの結果は、結局、私たちの小さな、普通の、取るに足らない行動の積み重ねにかかっているという事実を、私たちは改めて認識する必要があります。私たちの成功と失敗は、私たちの日常生活の中の些細に見えることを積み重ねです。このことは外国人社員あるいは外国人労働者に欠けている精神の一つだと思います。
「どんなにささいな仕事に見えても、それは大きなプロジェクトの一部です。一つ一つの仕事が正常に完了しないと、プロジェクト全体が正常に完了しません」これは、「現代日本のビジネス界の父」として知られる渋沢栄一の言葉です。彼は日本資本主義の初期に500以上もの会社を設立した立役者でした。以前、ユニクロ創業者の柳井正氏が次のようなことを言っているのが面白いと思いました。

「成功している企業に共通しているのは、正しいこと、小さなこと、基本的なことを徹底的にやっているということです。多くの企業は、表面上はやっているように見えるかもしれないが、これらのことをやっていない。基本的なこと、細かいこと、100%正しいことを徹底的に、継続的にする。いったんそうすることに決めたら、それを固守しなければならない。この着実な実施は非常に重要である。0.001メートルや1ミリメートルのギャップでさえ、時間とともにどんどん大きくなっていきます。毎日基本を徹底すれば、最終的にはうまくいくでしょう。そうしないと次のステージには進めません。成功への鍵は、基本的なことを毎日続け、うんざりするほど何度も繰り返し行うことです」

この真実は古今東西変わらないことだと思います。外国人労働者はとくにこうした意識が低いように思うので、一度話してみることをお勧めします。

弊社の外国人社員研修について