MANABINK

誤解を解く英語表現

誤解を解く英語表現

誤解が生じたとき、まずその誤解が何なのかを正確に把握することが大事です。この誤解について自分から話を切り出すことにより、ぎくしゃくした雰囲気を和らげ、早く問題の解決が図れます。

誤解が生じた箇所を見つける

“Let me make sure I got the information correct.” “話を正しく理解したことを確認させてください。”


“Why don’t I confirm the information I have here?” “正しく情報を把握できたかどうか確認させてください。”

“Maybe there’s been a mistake made somewhere. Let’s back up and look for any miscalculation.” “多分どこかで間違いを生じています。戻って計算違いを見つけ出しましょう。”

“I must have misunderstood the time. Let me check my calendar again.” “時間を誤解していたに違いありません。私のスケジュール表を再度確認してみます。”

“I guess there must have been a misunderstanding. Let me check with the group [team] and get back to you right away.” “誤解があったと思われます。グループ [チーム]と確認して、直ちに連絡します。”

“Perhaps I misunderstood. My understanding was…” “多分私の誤解だと思います。私の理解は~” 


“Maybe I misunderstood. Could I read back what I wrote down?” “多分私の誤解だと思います。私が書いたことを読み上げていいですか?”

“Maybe I misunderstood. Could you reiterate to make sure I’ve got it?” “多分私の誤解だと思います。私が理解したことを確認するために、繰り返していただけますか?

“Could you rephrase that to make sure I didn’t misunderstand?” “私が誤解していないことを確認するために、もう一度言い直していただけますか?”


“What was your understanding of the agreement?” “合意の内容についてどのように理解されていますか?”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA