お見舞いの英語表現

同僚が事故にあって入院した、あるいは風邪を引いて仕事休んだということはよくあることです。 そうした時にはきちんとした英語表現で自分の気持ちを表しましょう。病院にお見舞いに行った時にも使えますし、 電話やメールでお悔やみを申し上げることも可能です。下記の例文をその時々の状況に合わせて使い分けましょう。

  • Get well soon. 早く元気になってください。
  • My sincere wishes for an early (a speedy, a quick) recovery. 一日も早い回復を心からお祈り申し上げます。
  • I'm sorry to hear that you will be bedridden for a while. あなたがしばらく療養されることになったとお聞きし、残念に思っております。
  • We are sorry to learn of your illness. 病気の知らせに驚きました。
  • I was shocked and dismayed to learn of Mr. King's heart attack. キングさんが心臓発作を起こしたと聞いて、驚き悲しんでおります。
  • I will drop by to see you real soon. 近いうち にお見舞いに参ります。
  • I not rest easy until I learn of your full recovery.  全快されるまで、私も気持ちが休まりそ うにありません。
  • We are hoping that you are up and around with a clean bill of health in no time. 我々一同. あなたが一刻も早くご健康を回復されるよう願っております.
  • I want you to know that my thoughts are with you. 心からお見舞い申し上げます。
  • Our sincere wishes for your fast and complete recovery. 一日も早く元気なお顔が見られることを心から願っております。(フォーマルな表現)

<参照>

ケンブリッジ大学辞書
Macmillan Dictionary
ロングマン英英辞典
Oxford Learner's Dictionary
Collins Dictionary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。