MANABINK

「報告する」ときの様々な英語表現

報告するときの英語表現

日常的に使えるインフォーマルでカジュアルな英語表現から、 ビジネスでも使えるフォーマルな英語表現まで様々な表現を紹介します。 使うときに注意すべき点などもまとめてあります。 シチュエーションに合わせて適切なものを選んで使ってください。

報告するときの様々な英語表現

(A)Please let us know what you learned. わかったことを教えてください。
(B)This is my account of the story. これがその話の報告です。
(C)I’ll describe it to you. わたしが報告します。
(D)Let me e-mail you. Eメールで報告させて下さい。
(E)He will leave you a message. 彼があなたに伝言を残します。
(F)We’ll hear the results of the election soon. すぐに選挙結果の報告を受けるだろう。
(G) She will give us the latest news. 彼女が最新の情報をくれるだろう。
(H) There will be a press release soon. すぐに公式発表があるだろう。
(I) I’m reporting the result to the committee. 結果を委員会に報告します。


(A)のlet人knowが最も一般的な「報告する」「知らせる」という表現で、let me knowで「知らせて下さい」、let you knowで「お知らせします」となる。If you need any help, let me know.「何かありましたらお知らせください」は店員が客によく使う表現のひとつ。ビジネスではtellよりもnotify (通知する)やcontact (連絡する)がよく使われ、tellと同様に「notify人」、「contact人」 という形になる。例えばPlease do not hesitate to contact us.「どうぞ遠慮なくお知らせください」はビジネスレターでよく使われる表現。learnには「知る」「聞く」という意味もある。(B)ここのaccountは「説明」「報告」。(C) describeは「(出来事の)一部始終を説明・報告する」という意味でdescribe you itとならないことに注意。(D)ここのe-mailは「電子メールで送る」と動詞で使われている。(E)のleave a messageは「伝言を残す」で「伝言を受け取る」はtake a messageとなる。(F)のhearは「報告を受ける」という意味。同様に、If we do not hear from you by December 1,…「12月1日までにご通知なき場合には」のように使えるが、少しきつい調子の文になる。(H) press releaseは「公式発表」。(I) reportは「報告する」。


受け答えの英語表現

(A) We’ll let you know when it’s time. Thank you very much.
時間になりましたら、お知らせします。-ありがとうございます。

(B) Should anything happen, let me know immediately. I’ll keep you updated.
何かあったらすぐにお知らせ下さい。-連絡します。

(C) Please keep us informed. We’ll do that.
何かあったらお知らせ下さい。-そうします。

(D) I have good news and bad news. Let’s have the bad news first, please.
いいニュースと悪いニュースがあります。-はじめに悪いニュースからお願いします。

(E) Are there any messages for me? Yes, Mr. Brown called.
私あてのメッセージがありますか。-はい、ブラウンさんから電話がありました。

(F) Please give me a report on the theft. All right.
盗難報告書を作ってください。-わかりました。

(G) Make your report on a monthly basis. Starting on what date?
月単位で報告書を作成してくれ。-何日から始めましょう?


(A)は受付などで来客に待ってもらうときによく使われる。(B)のupdateは「(情報などを)最新のものにする」「最新情報を知らせる」。(C)のinformは「知らせる」「告げる」でより形式ばった言い方になる。We are pleased to inform you that…というと「喜んでお知らせします」となり、逆にWe are sorry to inform you that…というと「残念ながら…」となり、あまり良くない内容の通知となる。(F)や(G)のreportは「報告書」という意味で、動詞でもreport ~ to the policeのように、警察に事故や盗難を届けるときに使う。


<参考文献>
ケンブリッジ大学辞書
Macmillan Dictionary
ロングマン英英辞典
Oxford Learner’s Dictionary
Collins Dictionary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です