暗闇イベントについて

いままで国際交流NPO団体 SIENで行ってきた暗闇イベントを紹介します。どれだけテクノロジーが発展しても、どれだけ社会が変容しても、動物としての人間は5感を使って生活するしかありません(超能力を持っている人は別かもしれませんが)。もちろん、パラリンピックを見ればご承知の通り、5感を満足に使えない人も存在します。視覚が満足に使えない人もその一人です。下記の様々な暗闇イベントを通して、逆説的かもしれませんが、視覚を奪われた状態になると新しく見えてくる世界が存在します。

暗やミニLIVE

コンセプト:漆黒の暗闇で聴く贅沢な音楽

燭の光も眩しい漆黒の闇で一流の演奏を生で聴きいてみませんか。30名以下の会場なのでステージに近く観客席全てがS席クラスです。視覚以外の4感に浸みわたる演奏と簡単な軽食をお楽しみください。

--- 特徴 ---

・30名以下の少人数
・演奏者と観客の席が近い
・アコースティック音楽や歌
・演奏者との懇談や意見交換
・観客同士の交流

--- 流れ ---

開場&受付⇒軽食→暗闇⇒コミュニケーション⇒演奏→少し明るく⇒意見交換&交流

「珠玉のフルート」&「カタルシスのソプラノ」

フルート奏者&ソプラノ歌手:古田土明歌 Haruka Kotato

東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京芸術大学を経て同大学大学院修士課程修了。安宅賞、同声会新人賞を受賞。1996年全日本学生音楽コンクールフルート部門中学校の部第1位。1999年同コンクールフルート部門高校生の部東京大会第2位。2000年同コンクール声楽部門東京大会第3位。フルート・声楽両部門入賞による特別賞受賞。 2005年第17回宝塚ベガ音楽コンクール木管部門第3位。2006年第1回北京ニコレ国際フルートコンクールセミファイナリスト。これまでにフルートを周藤典子、村上成美、佐久間由美子、金昌国の各氏に師事。声楽を牧野美紀子氏に師事。木ノ脇道元氏主宰フルートアンサンブル「NOZZLES」メンバー。声楽とフルートで活動を展開。

【日時】 9月15日(土) 午後7時開演 (6時半開場) ※8時半終了予定

【場所】 中国茶・台湾茶専門店 翡翠館(JR北浦和駅西口徒歩10秒) 地図

【料金】 3000円( 暗闇 の軽食+お土産付き)

【定員】 24名

ー周辺探検ー
北浦和駅西口は所沢まで続く2417本!の「日本一長いけやき並木」があります。西口ななめ左方向には「北浦和公園」があり巨大な噴水が暑さをやわらげてくれます。公園内には県立近代美術館があり、モネ、シャガール、ピカソなどの海外の巨匠から日本の現代作家までさまざまな美術品を収蔵しています。入場料も安いので是非散歩がてらいってみてはどうでしょうか。

モンゴル「草原の馬頭琴」&「魅惑のホーミー」

馬頭琴奏者:バヤルサイハンさん

馬頭琴とは、『スーホの白い馬』で有名でモンゴルを代表する弦楽器です。音質は柔らかで奥行きのある響きで、チェロやヴァイオリンのような澄んだ音にはないノイズの含有が特徴的な音質を生み出し、モンゴルの大海原をイメージさせます。今回は世界的に有名なチェロ奏者「ヨーヨーマ」の馬頭琴も作っている職人さんに来ていただきます。

ホーミー:ダリアさん

ホーミーとはモンゴル国の伝統的発声方法で歌い方は様々なタイプに分かれますが、基本的には一人で二つ以上の音を同時に出します。低い音は喉から絞り出す唸り音(だみ声)、高い音は倍音を利用した口腔内部での共鳴音です。この神秘的な声を幼いときに習得し3年連続モンゴル国ホーミー選手権で優勝した人にきていただいています。

【日時】 5月18日(金) 午後8時開演(7時半開場)

【場所】 地球っ子倶楽部5F(神田駅南口徒歩30秒) 地図

【料金】 2000円(ワンドリンク付き)

【定員】 30名

【予約】 終了いたしました! 満席御礼、多数のご参加ありがとうございました。 m(__)m

暗やみ合コン

【コンセプト】

  • ①恋愛相手の条件として一番大切なものはなんですか?「ルックス」それとも「相性」?
  • ②結婚相手に一番なにを望むでしょうか?「お金」それとも「相性」?

①では「ルックス」を重視している人も多いでしょう。しかし「相性」も大切です。②は特に女性は経済力を重視している人もいるでしょう。しかし一生付き添う伴侶としてはやはり「相性」がはずせません。①②いずれにしても相手との「相性」はとても大切です。

その「相性」ですが、なかなか一朝一夕にはわからないものです。結婚して一緒に生活してみて幻滅するカップルがいるのもよく聞く話です。そんな「相性」を手っ取り早く確かめる方法はないのでしょうか。しかも正確に…。
そこで考え出されたのが「暗やみ合コン」です!なぜ「暗やみ」…?暗やみになると初対面でも深い話ができます。相手の顔が見えないので、そして真っ暗であるために、話さずにはいられないのです。そして同じ境遇にいる同士としての一種の連帯感からか、自然と深い話ができます。また同じ食事を取ることで話題も自然に生まれます。

「暗やみの中では人間は素に戻る」のです。こうした中でコミュニケーションを取ると相手の本来の性格が自然に現れます。そして自分との相性も確認できることになるのです。このことはいままで「暗やミール」「暗やミニLIVE」等のイベントを開催したことによってコミュニケーションが活発になることが証明されています。

「暗やみ合コン」を通して本当に「相性」の合う相手を見つけましょう!
 

(注):「暗やみ合コン」は最後にマッチングなどを行いますが、あくまでも「お遊び」です。暗やみの中で初めて会う人と話をする。。。そんな暗やみコミュニケーションにエンターテイメント性を持たせたイベントです。

【流れ】

16:30      男性受付
17:00      女性受付
17:15      スタート
17:20   同性歓談タイム
17:45    自己紹介タイム
18:05   グループタイム①
18:15   グループタイム②
18:35    チェックタイム
18:40 男性指名フリータイム
18:55    チェックタイム
19:00 女性指名フリータイム
19:15     運命のリボン
19:30         終了
 
【日時】・・・通常月1回 土曜日午後(ただし不定期)
【場所】・・・・・・神田/恵比寿/浦和/(都度未定)
【人数】・・・・・・・・・・・・・・・・・8~20名
【料金】(飲み物代込)女性2500円/男性4000円
【予約】メールにて「お名前」「ご住所」を送信ください 

【PRESS COVERAGE】

11.9 R25(ウェブ版)

11.22 東京新聞 TOKYO発

11.22 TBS ピンポン!二畳新聞

4.7 TV東京 「うぇぶたま3」 うぇぶたま3掲載サイト

暗闇ワークショップ

(視覚障害者を交えて)

・・・第1回「暗闇+視覚障害者」・・・   

「暗やミール」は暗闇での食事がメインでした。今回は食事はサブで暗闇で様々なタスク(作業)が与えられます。
参加者それぞれがタスクをこなす中で「気づき」を得るワークショップです。「視覚」以外の4感を駆使して普段気付かなかった「何か」を得てください。暗闇になっている時間は1時間半ですがきっと参加者それぞれがそれぞれの新しい「気づき」を発見できると思います。最後に全盲の視覚障害者を交えた意見交換会(振り返り)があります。

※タスク(例):コミュニケーション、移動、描写、飲み比べ、食べ比べ…
※完全に真っ暗にはならないので特殊なアイマスクをつけていただきます。

ー周辺探検ー
西浦和駅から西に歩いて20分ほどのところに埼玉県の花である「サクラソウ」の公園があります。名前もそのままズバリ「さくら草公園」。さくら草公園にあるサクラソウ自生地は国の“特別天然記念物”に指定されている貴重な群落で、荒川流域のこの一帯は、江戸時代からサクラソウの名勝地として人々に親しまれてきたとのことです。お時間がある人は散歩がてらいってみてはいかがでしょうか?

暗やミール

日本初のブラインドレストラン“暗やミール” 日常では体験することのできない真の暗闇。完全に視覚を奪われた中で、残された嗅覚、味覚、聴覚、触覚をフル回転させるためには、ものを食べるという行為が大いに効果的です。また、お寺という非日常の空間で、顔の見えない相手とひとつの食卓を共にすることも、暗やミールを体験する人の想像力を多分に刺激することでしょう。お出しする食事は決して豪華なものではありませんが、暗闇の中でこそ食べて楽しい、食べて驚きのひとときであるよう、食材や調理にも工夫を凝らしております。

■概略

浅草・緑泉寺で行われている月一度のイベントです。海外で試されている真っ暗な中で食事をとる「ブラインドレストラン」を、日本の食文化に合わせて作り上げたイベントです。一筋の光もない真っ暗な空間で、簡単な説明のあと料理が一品ずつ運ばれます。暗やミールは、埼玉県を中心に活動する国際交流・協力NPO団体「SIEN」と宗派を越えて若手の僧侶たちが集まり、お寺を中心に日本の文化を下支えしてきた仏教を復興させる活動をしている「彼岸寺」が協力して行っているイベントです。

平野レミさんもお越しになりました!
平野レミさんもお越しになりました!

■主催

SIEN 彩の国国際交流ネットワーク

■背景

海外で展開している「ブラインドレストラン」というひとつの文化を日本に取り入れたかったSIEN。グルメブームと言われて久しい昨今、有名レストランや有名シェフばかりが注目されやすい中、「ものを食べる」という単純な行為そのものへの真摯な興味を引き出したいと願っていた彼岸寺。両者の思いが融合し、日本で初めてのブラインドレストラン「暗やミール」が実現しました。

「クラヤミ食堂」

見えないから美味しい。
見えないから楽しい。
見えないからひろがる。

目隠しをした真っ暗闇の中で飲食とコミュニケーションを体験するイベント、その名も「クラヤミ食堂」。

視覚に頼る生活を送る現代人から視覚を奪い、他の4感覚(聴覚、嗅覚、味覚、触覚)を刺激することで見えてくる感覚体験は、「今まで見えなかったもの」、「忘れていたこと」を気付かせてくれるはず。

こどもごころ製作所が、この秋おもてなしする「気付きと出会いのパーティー」に是非とも、いらっしゃいませ。

日時:12月19日(水)12月20日(木)午後7時半開場
料金:  8,300円(コース料理・フリードリンク込み)
場所:  テーブルスタジオタキトー     (東京赤坂)
主催:  博報堂こどもごころ製作所
企画協力:  NPO法人 SIEN
特別協力:テーブルスタジオタキトー/ソウエクスペリエンス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。