MANABINK

パキスタンがアフタニスタンのタリバン政権の黒幕

パキスタンがアフタニスタンのタリバン政権の黒幕

サラ・チェイズは、9.11の後、タリバンの崩壊を取材。その後、アフガニスタンでいくつかのNGOを立ち上げ、運営してきた。また、アフガニスタンでは、米軍の上級司令官や統合参謀本部議長のアドバイザーを務めた。

チェイズはいくつかの著書がある。最新作は「On Corruption in America: And What Is at Stake」。

最近、「The Ides of August」というエッセイを出版され、アフガンの現在の状況を招いた要因として、まず腐敗が挙げられている。

サラ・チェイズ:

「簡単に言うと、タリバンと同じくらいひどい扱いを受けている政府に代わって、なぜ国民がリスクを冒してタリバンと戦うのかということです。だから、アフガニスタン政府の役人は、人々が交流するたびに揺さぶりをかけていたのです。国内に届いていた巨額の国際資金は、政府役人とその取り巻きによって吸い上げられたり、捕獲されたりしていた。

アフガニスタンの人々から見れば、アメリカがこのシステムをサポートしているようにも見えた。つまり、アメリカの政府高官は常にこのような悪徳なアフガニスタンの指導者たちと手を組んでいるように見えたのです。住民がどれだけ不満を訴えても、深刻な問題に真剣に取り組んでもらうことはできませんでした」

腐敗の問題

サラ・チェイズ:

「まず第一に、地元の有力者に収入源を確保させたことが挙げられます。例えば、米軍基地の警備を担当している地元の有力者がいて、彼は自分の部下だけを契約会議などに参加させます。私たちは、提携している政府関係者の責任を追及することはありませんでした。2009年から2010年にかけて、私たちはこの問題を深刻なものとして認識し始めました。そこで、豊富な証拠をもとにテストケースを行うことを決定しました。すると、カブール銀行での約9億ドルの不正取引に関するものが出てきました。

つまり、ここでは重要な問題を話しているのです。賄賂を受け取っていた対象者は宮殿にいて、カルザイ大統領の近くにいました。カルザイ大統領が自分の子分の逮捕に腹を立てた途端、召喚要求はUターンしてしまい、それ以降、アメリカは汚職を真剣に受け止めなくなってしまったのです。それが2010年のことです。

私が統合参謀本部議長と仕事をしていた2011年には、省庁間で政策プロセスが行われ、米国は汚職にどのように対処するのかという決定を下すことになりました。そして、高レベルの汚職には手を付けず、警察の「街頭レベル」の汚職だけに焦点を当てることが決定されましたが、これはもちろん軍の権限です。私の見解では、米国の文民指導部には本当に職務怠慢があったのです」

パキスタンの役割

サラ・チェイズ:

「日米間の力学を知らない人のために、パキスタンはどのような役割を果たしたのでしょうか話しましょう。タリバンがアフガニスタンで誕生したのは、よく言われるように1994年のことではありませんでした。

タリバンは基本的に、国境を越えたパキスタンで作られたのです。当時のアフガニスタンは、ソビエトが撤退した後で、PTSDに苦しむ民兵の指揮官たちがお互いに撃ち合っているような、かなり混沌とした暴力的な場所でした。

パキスタンは、アフガニスタンを横断する長距離貿易ルートに強い関心を持っていましたが、輸送船団を派遣して物資を運ぶことは非常に困難でした。彼らの考えは、自分たちの利益を確保する方法として、貿易と、インドに対する戦略的深みと呼ばれるものの両方に及んでいました。

インドは彼らの大きなライバルであり、彼らは背後に少しでも余裕を持ち、領土と人口をコントロールしたいと考えていました。そこで彼らはタリバンというアイデアを思いついたのです。そして、それを実際に市場でテストしたのです。何年にもわたって地元の人々にインタビューしてわかったことですが。

「この暴力を止めるために宗教的な学生が来たら、どう思いますか?」率直に言って、アフガンの人々は「何でもいいよ」と言いましたよ。

これはパキスタンの軍事情報機関が行っていることなのです。そして2003年、私はパキスタンがタリバンの再結成を始めるのを見ました。パキスタンは、あるいはパキスタンの軍事情報機関は、米国に対して驚くべきダブルゲームをしていたのです。今日のパキスタン政府関係者の反応を見てみると、彼らは現在の結果を喜んでいるようです」

ハミド・カルザイ元大統領はパキスタンの手下

ハミド・カルザイ元アフガニスタン大統領が、役割についてですが、直感的ではありませんが、1994年にタリバンのカンダハルへの進入を最初に交渉したのはカルザイでした。

彼は基本的に、パキスタンの軍事情報機関に代わって活動していました。カルザイはそのことで父親と喧嘩をしました。カルザイはそのことで父親と喧嘩をしたし、他の人たちもそのことで彼と意見が合わなかった。しかし、それが彼の役割だったのです。私たちがアフガニスタンの初代大統領に選んだ人物が、そもそもタリバンを政権に導いた人物だったと知ったとき、私は驚きました。

そして今日、私たちは彼がある調整委員会の長として再び登場するのを目にしました。彼は、1994年に行ったように、ほぼ一斉に降伏した北部の都市のリーダーや、その他の地方の権力者たちとの交渉を行っていなかったのでしょうか?あれは自然に起こったことではありません。準備されていたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。