苦情を言うときの英語表現

文句を言うときの英語表現

相手を非難する表現に比べると文句を言う時の表現は比較的柔らかいものが多いです。 文句を言うこともできるだけ避けたいことですが、 相手にとってはそれがきっかけになり良いサービスに繋がったり人間的にも向上する可能性があります。 どのような文句の英語表現があるでしょうか。 下記に代表的なものを紹介します。

(A) I have something to complain about. 苦情があります。
(B) There are things I'm not happy with. 不満なことがあるんです。
(C) He made complaints about the poor service. 彼はサービスの悪いことで苦情を言った。
(D) Please reimburse us for the damage. 損害を弁償してください。
(E) Who is the person in charge of this work? =Who's responsible for this job?
 この仕事の責任者はだれですか?
(F) Let me talk to the manager about it. 責任者に会わせてくれ。
(G)This is going to cost you. これはただでは済みませんからね。
(H)Can’t you do something about it? 何とかしていただけませんか?
(I)Nine out of ten were defective. 10個中9個は欠陥商品でした。
(J)These goods are inferior in quality. この商品は質的に劣っています。
(K)Do you have a license to do business here? ここで営業する許可証は持っていますか?
(L) We are sorry to inform you that…
 …のことをお知らせしなければならないのは残念です。
(M) We very much regret to have to remind you of…
 …について申し上げなければならないのはたいへん残念です。
(N) We invite your attention to…
 …の点にご注目いただきたいのですが。
(O) May we remind you that…?
 …のことをご注意願いたいのですが。
(P) We wish to point out that… 
 …のことを指摘したいと思います。

不満を言うときの上記の英語の解説

(A) complain「不満を言う」。いわゆる「クレームをつける」という日本語にあたるが、英語ではこういう場合には「クレーム」(claim)という語は使われない。

(C) complaintは「不平」「不満」。

(D) reimburseは「(損害などを)弁償する」「返済する」。damageは「損害」「被害」。

(E) in charge of…で「…に責任を持っている」。be responsible for…で「…に対して責任がある」。

(G) costは「(金額・費用が)かかる」。

(I) defectiveは「欠陥のある」「不完全な」。

(J) inferiorは「(…より)ランクが下の」「質や程度などが劣った」。qualityは「品質」。

(K) licenseは「免許証」「許可証」。

(L) 「用件を述べる」ことと「残念に思う」こと2つの延長線上の内容。

(N) 人の注意を引くときに使われる。attentionは「注目」のこと。会議で発表するときなどに使われる表現。

(O)「この機会を借りて、~のことをご注意願いたいのですが」とやわらかい表現となる。

(P) wish to…「~したいと思う」と表現を和らげてはいるが、単刀直入な表現。point outは「指摘する」。

苦情を受けたときの答えの表現

(A) I have some complaints. I'm ready to listen.
 クレームがあるのですが。-お伺いしましょう。
(B) It's time for renewal. We will not renew the contract under the same conditions.
 契約更新の時期ですが。-現状のままですと契約更新はできません。
(C) You gave me the wrong change.  Oh, sorry. Here’s the rest of it.
 おつりが間違っていますよ。-すみません。残りのおつりです。
(D) I'm afraid the bill isn't correct. Oh, did I miscalculate?
 この勘定は間違っているようなのですが。-まぁ、計算を間違えましたでしょうか。

上記の表現の解説

(A) ready to…で「…する覚悟がある」「進んで…する」。(B) renewは「更新する」。contractは「契約」。(C) changeは「おつり」「小銭」。(D) レストラン、飲食店で使える表現。miscalculateは「計算間違いをする」。

<参照>

ケンブリッジ大学辞書
Macmillan Dictionary
ロングマン英英辞典
Oxford Learner's Dictionary
Collins Dictionary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。