MANABINK

外国人労働者を雇うときに気をつけたいこと(1)

これから外国人を雇おうとしている経営者にとって大切なのは、個性です。ここで指摘したいのは、それについて言及する人があまりいないからです。すべてはマネージャーの人格にかかっていると言っても過言ではないでしょう。経営者として最も基本的な資質は、その人の人格にあるからで、特に外国人にとって日本人は何を考えているのか理解しずらいようです。

しかし、企業経営者としての第一の資格は、その人が温かく思いやりのある心を持っていることです。問題は、社員が力を合わせて助け合う姿を見て、感謝の気持ちを感じるかどうか。外国人はそうした感謝を心の中で期待しているものです。経営者が従業員に感謝の気持ちを持つならば、経営者は当然彼らに思いやりを持つでしょう。経営者は、従業員の懸命な働きに感謝しているので、当然、従業員を気にかけ、最大限の配慮をします。言うまでもなく、経営者は従業員だけでなく、誰に対しても思いやりのある人格でなければなりません。

経営者としての二つ目の資格は誠実さです。それは常に真剣に物事を考えたり、真剣に努力したりすることです。自分のことは忘れて、他人のあれこれを批判する経営者が少なくないと思います。自分では何もしないでもっともらしいことばかり言っている管理者もいれば、人前では真面目だが陰で手を抜いている管理者もいるし、自分を大きく見せたいと思っている管理者もるでしょう。

経営者としてのもう一つの重要な資格は公正さです。外国人は日本人と外国人を差別することに特に敏感です。部下に責任を転嫁したり、部下に嫌な仕事を押し付けたりする経営者は、良い経営者とは言えません。部下が仕事をうまくやったとき、上司は喜びを分かち合うべきです。部下が不幸にも失敗した場合、上司は積極的かつ率直に全責任を負うべきです。部下が安心して働けるのは、上司が勇気を持って「わかりました、気にしないでください。私に任せて。あとは私がやります」と言ってこそです。城主として、管理者は常に頭を高く上げて、何でも公平に処理しなければなりません。

上司の態度を見て、従業員も胸を張って頑張るべきだと感じます。それは日本人も外国人労働者も変わりません。同じ人間だからです。

またマネージャーが正直で開放的でなければならないということを付け加えなければならない。経営者が誠実さと寛容さを身につけることに成功すれば、それで十分だと思います。外国人を雇えばなおさらこのことに気を付けてください。

弊社の外国人社員研修について