MANABINK

外国人労働者を雇うときに気をつけたいこと(3):外国人社員に情熱的にアピールする、繰り返しアピールする、「なぜ」を説明する

外国人社員に情熱的にアピールする、繰り返しアピールする、「なぜ」を説明する

言葉の問題があり、外国人社員に自分のメッセージを伝えることが難しい場合は、次の点に十分な努力をしているかどうかを検討してみましょう。

まず、言葉があまりわからなくても、自分のメッセージを外国人社員に伝えようと努力していでしょうか。積極的に取り組む姿勢をまず見せることが大切です。上司、あるいは経営者が自分の意思を100%部下に伝えたいと思ったら、120%の熱意を言葉にしなければいけません。監督の言葉が祈りのように熱情と熱情にあふれてこそ、外国人は真意を理解することができます。日本人は空気を読むことが得意ですが、外国人はそうではありません。情熱を持って取り組んでください。

次に、メッセージに繰り返し対処しようとしているかどうか。

マネージャーの中には、一度話せば理解するだろうと考える人もいるかもしれません。しかし外国人とは言葉の問題もあれば、習慣の違いもあります。メッセージに繰り返さないと効果はありません。一度話したり、資料を送ったりして、外国人社員全員が理解していると思っているなら、楽観的すぎると思います。

経営者がすべきことは、外国人従業員と3、4回以上話すこと。それでも従業員が理解できない場合は、管理者は10回、さらには20回も従業員に話をする必要があります。

経営者が何度も従業員に話をすると、従業員は上司が今何を考えているか、今何をすべきか、目指すべき方向を知るようになる。経営者の真意が分かるようになります。

第三に、「理由」を従業員に説明することです。

「なぜ」を説明することで、従業員は話していることの全体像を把握できます。同時に、「なぜ」を説明するためには、まずマネージャー自身が考え、メッセージのすべての側面を理解しなければなりません。何も考えずに大声でメッセージを伝えるだけで、部下は上司についていかず、上司から離れてしまうでしょう。外国人はこの作業は最終的にどう役立つのか、プロセスの中のどの部分にあたるのか知りたいのです。もちろん日本人従業員に対しても重要なことでしょう。

あなたのメッセージに熱心に取り組むこと、繰り返し取り組むこと、そしてなぜそうしているのかを説明することを忘れないでください。3つをセットで行うのがポイントです。

弊社の外国人社員研修について