MANABINK

外国人労働者を雇うときに気をつけたいこと(6):外国人労働者を教育する3つのポイント

外国人労働者を教育する3つのポイント

私は「スリー・ジェイ」という言葉を、仕事を効率的に処理するために必要な要素を示すために使っています。これは順位・時間・充実の3つの頭文字を合わせた造語で、一種の語呂合わせです。外国人にもわかりやすいようです。

まず、仕事の優先順位をつけることが大切です。やらなければならない仕事をすべて検討し、どの仕事が最も重要で、どの仕事がそれほど重要でないかを判断する。だから、仕事の優先順位を考えましょうと、外国人にも教えてください。もちろん、最も重要な仕事を最初にする必要はありません。それほど重要ではないけれど、短時間で終わる仕事もあります。これらの仕事を優先リストの先頭に置くことができます。仕事の締め切りも考慮しなければいけませんが、重要なのは、効率的に仕事をするための第一歩は、目の前にある仕事に優先順位をつけることだということです。

二番目に重要な要素は時間です。仕事に優先順位を付けた後、各仕事に割り当てる時間を決定します。1時間、2時間ですか?それとも1週間?もっと重要な仕事の合間にできる簡単な仕事かもしれません。優先順位をつけたそれぞれの仕事に、その仕事に必要だと思う時間を割り当ててください。いったんそれぞれの仕事に時間を割り当てたら、決してそれを変えてはいけない。それを守って、いつも時間を守る。簡単に時間を変更したり、妥協したりすれば、すぐに仕事が増えてしまいます。そうすれば余計なストレスでいっぱいになります。

3つ目の重要な要素は、いかに仕事の質を高めるかです。仕事の優先順位を決めて、割り当てた時間内に終わらせても、仕事が雑だと意味がありません。言われたことをするだけでは、無能な人がすることと同じです。期待以上のことをするようにしたほうがいいのです。常に質の高い仕事をしようとすることで、自分の仕事に自信を持つことができます。また、より積極的に仕事をするようになります。

この仕事の順位、時間そして充実を外国人に意識させることで彼らのパフォーマンスが改善するでしょう。こうした標語的な教育方法は外国人にも効果的で、海外でも5Sが普及したのと同じような考え方ではないでしょうか。

弊社の外国人社員研修について