MANABINK

英語の社交辞令の表現:Eメール

英語の社交辞令の表現:Eメール

Eメールはビジネス上のやり取りやプライベートな人間関係において、電話に代わって、日常的に使われるようになりました。ただしメールでは声のトーンや表情などは伝わらないので、メッセージを明確にし、丁寧に書くことが基本です。


メールを出す

“I would like to ask a question. I hope it’s okay to ask you by e-mail.” “お尋ねしたいことがあります。Eメールでも大丈夫だとよいのですが。”

“Good morning, this is X. We were hoping to finalize the headcount for the party. Could you get back to me on this by the end of the day? Thank you.” “おはようございます。こちらはXです。私たちはパーティーの最終的な出席人数を確定したいと思っています。今日中にこれについてお返事いただけますか?ありがとうございます。”

“Hello. Let me introduce myself. My name is X from Y Company, and I was wondering ifyou could send me some information about your company’s services.” “今日は。自己紹介をさせてください。私はY社のXと申します。御社の業務内容に関して情報を送って頂ければと思っているのですが。”


メールに応える

“Thank you for your mail. It was nice to hear from you.” “メールありがどうございます。あなたからメッセージをもらってうれしかったです。”

“Thank you for your message. I appreciate your concern.” “メッセージありがとうございます。お気遣いを感謝いたします。”

“Thank you for responding so quickly. I was hoping to ask you about a problem I’m having that I think you could help with.” “早速お返事いただきありがとう。私は今、問題を抱えています。お力を貸していただけると思い、ご相談したいと思っていました。”

“Hello X, I got your message, thank you. Concerning your request, we are currently looking for the information and will send it as soon as we find it.” “Xさん、こんにちは。メッセージ受け取りました。ありがとう。ご依頼に関して現在その情報を探しています。見つけ次第すぐに送付いたします。”


返事を待つ

“Dear X, I was wondering if you have had time to go over my message of 12/02. We were hoping to hear from you by the end of the week. Thank you.” “Xさん、12月2日の私のメッセージを読む時間があったでしょうか。今週末までにお返事がいただけることを願っています。それでは。”

“Hello, this is Y again. I’m sorry to bother you again, but I was wondering if you’ve had a chance to look over what I sent last Monday.” “こんにちは。再びYです。またお邪魔をして申し訳ないのですが、先週月曜に送ったものを見ていただく時間があったかどうか知りたいのですが。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA