MANABINK

怒っている相手をなだめるときの英語表現

怒っている相手をなだめるときの英語表現

世の中には様々な人がいて、接し方の難しい人もいます。もちろん相性の良し悪しもあるでしょう。個人的な付き合いであれば、あなたの判断で関係を断ったりできますが、ビジネスではそうはいきません。あなたと合わない場合でも相手と付き合わなければいけません。あなたが接する相手にきちんと対処する方法を見つけることで、物事がスムーズに運び、周りの人間に良い印象を与えます。

 

“I’m sorry you’re upset. Is there anything I can do?” “ご機嫌を損ねてしまい申し訳ございません。何かできることはありませんか?”

“I’m sorry I didn’t notice sooner. What would you like to do about it?” “申し訳ありません、もっと早く気が付くべきでした。どうなさりたいですか?”

“What would make you feel better?” “どうすればあなたの気分を良くすることが出来ますか?”

“Do you have any suggestions to improve the situation?” “この状況を改善するためになにかご提案はございますか?”

“I’m sorry it has snowballed to this point. How can we make things better?” “すみません。問題がどんどん大きく(雪だるま式に)なってしまったようです。どうしたら改善できるでしょうか?”

“I would like to work this out.” “これについて何とかしたいと思います。”

“You’re absolutely right. Let’s talk about it more.” “実にあなたの言うとおりです。それについてもっと話しましょう。”

“You have a good point. Can you put your thoughts down on paper for me?” “それは良い指摘です。あなたの考えを紙に書いて私にくださいませんか?”

“Okay, let’s talk about it over coffee.” “いいですよ。コーヒーを飲みながら話しましょう。”

“Would it help to call a group meeting?” “グループ会議をすることがよろしいでしょうか?”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA