MANABINK

Sakaduki and Tokkuri

sakazuki and tokkuri

徳利と盃(さかずき or おちょこ)

鎌倉時代(1192年-1333年)、岡山県備前市で酒(日本酒)を燗して出す陶器の瓶と、それに合う盃が製造され始めた。備前焼は素朴で洗練された優雅さで知られ、その人気は古くから受け継がれてきました。強くて重厚で、土の色が豊かで、表面には素焼きの素地があり、焼成中に炎がなじんだところに自然の模様が残るのも美しい。盃から酒を差し出したり交換したりすることは、身分や官位の低い者に対して同輩間の親睦や栄典を認めた日本の古い習慣である。

「盃を交わす」というとお酒を一緒に飲むという意味です。日本のビジネスではお酒をビジネスの延長で飲むことが今でも非常に多いです。取引先の人に「今度一緒に盃を交わしましょう!」と言ったら相手にとても良いインパクトを与えることができるでしょう。

drinking sake together
現在の「盃を交わす」イメージ