MANABINK

Montsuki Hakama

Montsuki and Hakama

紋付 袴 (もんつき はかま)

紋付とは家紋の入った服のことです。現在ではあまり見られなくなったが、伝統的には結婚式や公式の会議などの特別な場で着用されました。しかし、これらの紋付に登場する家紋は平安時代(794-1191)のものであり、現在も広く用いられている。;花や植物を様式化したものから、動物や扇子、鍵、鐘などの日用品まで、さまざまなデザインがあります。袴は紋付に合わせて着用する、長くプリーツの入った日本の伝統的な衣服です。日本人が「紋付袴」と言うと、文字通りではなく、ビジネスシーンでのフォーマルな装いを意味することもあります。