MANABINK

サラリーマンが好きなラーメン

ramen

Ramen (ラーメン)

ラーメンは、雑誌記事やテレビ番組の食べ物特集で定番です。ラーメンは確かに日本で最も人気のある料理の一つだ。ラーメンのルーツが中国にあることはよく知られていますが、問題はラーメンがどのようにして中国から日本に伝わったのかということだ。中国からさまざまな食べ物が日本にもたらされた。しかし、ラーメンの歴史は比較的新しい。鎖国をやめて貿易を再開した直後の明治初期(1868)には多くの中国人商人が来日し、各地に屯所を構え「南京町」と呼ばれた(文字通り南京の町)。これら南京町では、日本に移住してきた中国商人に対応するために中華料理店が出現した。これらの店で出されていた南京ラーメンがラーメンの元祖と言われている。昔から麺類が好きだった日本人が、すぐにナンキンを食べたのは驚きではありません。しかし、彼らが慣れ親しんでいたそばやうどんとは違いました。多くの日本人が、濃厚でこってりした南京麺の味に驚きました。そのためか、南京ラーメン発祥のラーメンが日本人の大好物としての地位を獲得するまでには比較的長い時間を要した。まず、日本人が慣れ親しんできた麺の味とは違うアジア大陸の麺の味を日本人の好みに合わせてアレンジする必要があった。大正末期(1926)には、鰹節や煮干しを使ったスープを用いた現在の日本のラーメンの原型となるキーミアン(細麺;生地を伸ばして切ることによって作られる麺の一種)が登場し、ヒナチク(タケノコ)、なると(魚肉ソーセージ)などのトッピングも登場した。それでも、次の世代が必要だった。1958年に誕生したインスタントラーメンのチキンラーメンは、ラーメンが今日のような人気を得るきっかけとなった。家庭で手軽に作れるラーメンは、たちまち全国に広まった。その後、新しい味が次々と登場し、ラーメンは日本人の日常の食事の一部となっている。当初、日本では中国を支那(中華麺)と呼んでいたことから、ラーメンは支那そばとして店のメニューに記載されていた。明治末期(1912)頃からラーメンと呼ぶ店も出てきた。「ラーメン。」の語源についてはいくつかの説があるが、最も広く信じられているのは「ラーメン」という言葉が中国語の「ラミアン。」に由来するという説であろう。これらの麺を使っていた店の中には、ラーメンという名前の店もあったそう。