MANABINK

ビジネスで要望を述べるときの英語表現

要望を言うときの英語表現

希望や要望を述べるときの英語表現

(A) I want a new car. 新しい車がほしい。
(B) I’d like to have another cup of coffee. コーヒーをもう一杯いただけますか。
(C) I hope to see you again soon. 近いうちにまたお会いしたいです。
(D) I wish I were rich. 金持ちだったらなあ。
(E) I’m looking forward to this summer. この夏が楽しみだ。
(F) We would be interested in receiving your comments. なにとぞご意見をお聞かせ下さい。
(G) We would appreciate receiving your comments. ご意見を伺えると助かります。
(H) May I ask you a favor? お願いがあります。
(I) I dream of becoming president. 私は大統領になることを夢見ています。
(J) I’m craving some good food. おいしいものが食べたい。
(K) I long for a rewarding job. 見返りのある仕事にあこがれている。
(L) I’m yearning for the holidays. 休日が待ち遠しい。
(M) I hunger for love. 愛に飢えている。
(N) I have an appetite for good books. いい本が読みたい。

上記の要望を言うときの英語表現の解説

(A)の表現を丁寧で控えめにしたのが(B)で「できれば…」というニュアンスになる。(C)は「期待している」という言い方。(D)のwishはかないそうにない願望、あるいはかなわなかった願望を表現し、I wishの後には仮定法の動詞がくる。(G)婉曲的で遠まわしに願望を伝える。(H)はCan I…?よりも丁寧でMay I ask a favor of you? Could you do me a favor? とするとさらに丁寧になる。(I)はdreamで「(…になることを)夢見る」。(K)~(N)はさらに強い願望を表す。long, yearn共に「切望する」、「思いこがれる」。(N) appetiteは「食欲」以外の「願望」も表現する。

要望や希望を言われたときの受け答えの英語表現

(A) We’d like to pay separately. All right.
 支払い別々にお願いします。-かしこまりました。

(B) I’d like to work for this company. Sorry, I can’t make that happen.
この会社で働きたいのですが。-すみませんが、ご希望にそえません。

(C)I don’t think you can do it. I wish you’d be more positive overall.
私にはできないと思います。-もっとすべてのことに積極的になってもらいたい。

(D) Could you help me get a job? I wish I could help you, but I can’t.
私の仕事さがし、手伝っていただけますか?-残念ながらお力になれません。

(E) Do you mind if I ask you a favor? No, not at all.
お願いしてもいいですか?-まったくかまいませんよ。

(F) Do you want to work full-time or part-time? I would rather work part-time.
正社員をご希望ですか、それともバイトをご希望でしょうか?-バイトで働きたいのですが。

(G) May I smoke? I’d rather you didn’t.
たばこを吸ってもいいですか。-できればやめてください。

(H) Let’s go drinking. I’d rather not.
飲みに行こう。-できれば行きたくないのですが。

(I) Could you do me a favor? Sure, what is it?
お願いがあるんですが。-いいですよ。何ですか?

(J) I’d appreciate it if you could call me tonight. I’d be glad to.
今晩、電話してもらえるとありがたいのですが。-よろこんで。

上記の受け答えの英語表現の解説

(D)の I wish I could, but…あるいはI’d love to, but…は「そうできればいいのだが…」と相手の依頼をやんわり断るときの表現。(E)の答え方は「いいよ」というときにはNo「いいえ」と拒否するときはYesとなるので注意。(F)のwould rather….で「むしろ…したい」。となる。(G), (H)のI’d rather…didn’t./ I’d rather not.は「できればしてほしくない」という意味で、やわらかく相手の提案を断りたいときに使う。(J )はI wonder if you could call me tonight.とも表現できる。


<参照>

ケンブリッジ大学辞書
Macmillan Dictionary
ロングマン英英辞典
Oxford Learner’s Dictionary
Collins Dictionary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です