MANABINK

「命令する」ときの様々な英語表現

禁止するときの様々な英語表現

日常的に使えるインフォーマルでカジュアルな英語表現から、 ビジネスでも使えるフォーマルな英語表現まで様々な表現を紹介します。 使うときに注意すべき点などもまとめてあります。 シチュエーションに合わせて適切なものを選んで使ってください。

命令するときの様々な英語表現

(A) You’d better show up. 行ったほうがいいですよ。
(B) You’d better not get into the details. 詳しいことは言わないでください。
(C) You should take my advice. 私の忠告を聞くべきです。
(D) I expect you to be here at six. 6時にここに来てください。
(E) Please get it done now. いまそれを済ませてください。
(F) Do me a favor, please. お願いがあるのですが。
(G) Make sure you return that. 必ずそれを返してください。
(H) Be good to others. 人にはよくしなさい。
(I) Be a man! 男らしくしなさい。
(J) Just do it! とにかくやりなさい!
(K) Do as I say. 私の言うとおりにしなさい。
(L) Change your clothes. 服を着替えて。
(M) Leave that alone. それにはかまわないで。


(A)のhad betterはshouldと同じニュアンスになり、「~しなさい」「~すべきだ」と強く人にすすめることになるので、使う相手によっては失礼にあたることもある。(B)had betterの否定形はhad better not+動詞の原形となる。(D)は目上の人などに対して命令形で表現しづらいときに使える。You’re supposed to be here by six.とも表現できる。(E) 命令形にpleaseをつけると丁寧になり、命令というよりも依頼になる。(F)は人に何かを頼むときに一般的によく使われる。

受け答えの英語表現

(A) These are leftovers. You’d better get rid of them.
これらは残り物です。-処分しないとだめだよ。

(B) Be clear and specific. All right. I’ll do whatever you say.
明確かつ具体的に言いなさい。-わかりました。おっしゃるとおりにやります。

(C) Are you sure it works? Please check for yourself.
本当に動くんですね。-ご自分でお確かめください。

(D) I lied to him. You’ve got to be honest next time!
私は彼にうそをついたの。-次からは正直に!

(E) I made another calculation mistake. Use your brain.
また計算間違いをしちゃった。-頭をつかえ!

(F) What should I do? Do your work.
どうすればいいですか?-仕事をしろ。

(G) Let’s get this straight. Okay, tell me once more.
このことをはっきりさせておきましょう。-いいですよ。もう一度言ってください。


(D) have got to….は「…しなければならない」というhave to….と同じ意味と「…にちがいない」というmustの意味がある口語表現。(G) get…straightは「…をはっきりと理解する」。この表現はおどしによく使われる。


<参考文献>
ケンブリッジ大学辞書
Macmillan Dictionary
ロングマン英英辞典
Oxford Learner’s Dictionary
Collins Dictionary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です